スポンサーリンク
スポンサーリンク

【豚脂!?】ペヤングやきそば豚脂MAX

ペヤングやきそば豚脂MAX ラーメン・麺類の話

豚脂MAXペヤング。なんとも食欲をそそらない彩りのパッケージ。でも、デカデカと書かれた「豚脂」の文字を見て、食欲が湧くのは病気だろうか!?

スポンサーリンク

パッケージの注意書きが物語るヤバさ

パッケージにはこんな注意書きが書いてある。

胸やけにご注意ください
胸やけにご注意ください。

なるほど。胸やけに注意しなければならないほど、脂がMAXということか。

これは、逆に期待が高まる。なんせ、ラーメン二郎で豚脂には慣れているから、そう簡単には胸やけで苦しんだりはしないのだ。

小袋はかやくと脂!

かやくには、大量のなるとが入っていた。カップ麺の具材のなるとは入っていても、味も食べごたえもないので好みではない。どうせなら、肉系の具材を入れてほしかったなぁ・・。

一方のメイン!?である焼きそばソース。というか脂袋。豚ラ王の脂もすごかったが、それを上回る大きさ。持つとズッシリと重さを感じる。そして、豚ラ王とは異なり、凝固した脂は、蓋の上で温めるよう指示が書いてある。

実食

作り方は普通。お湯を注いで3分待って、湯切りを行う。

なるとが多い!
湯切り後に、ソースを加えたところ

フタで温めたあとのソースはすっかり液状になっていた。かけると、ソースっぽい色はしているが、混ぜても、ソース焼きそばにはならない。

完成写真

油そばだね。脂ギトギトの。

ソース(脂)を絡めると、めちゃくちゃ臭い!(あえて、こう表現した。)

脂の香りが漂う・・・。ニオウけど、食べると旨い!ってやつだ。

でも、あんまり好きじゃないんだよな香りは・・・。(納豆も食べるけど香りは苦手。)

食べてみると、思ったほどしつこくはない。味は・・・う~ん。不味くないけどうまくもない。特徴がないのかなぁ。途中からラー油をカラメて食べると良い感じになった。

おそらく、このやきそば、トッピングや調味をして食べるのがオススメ。ブラックペッパーも加えればよかったかな。

最後は、あまりにも油っこかったので、そばがあるうちに追い飯を実施して完食。

これは、一度食べれば満足かな。

ぞうさんのオススメ度

★★★☆☆(3点/5点中)

タイトルとURLをコピーしました