スポンサーリンク

百均で豆苗の栽培に最適な容器を発掘

豆苗栽培容器 野菜・果物の話

豆苗、安くて大きめで、栄養がありそうでお得感満載の水耕栽培野菜。

これ、裏面に栽培すればもう1回は収穫できるよ。って書いてあるんです。

リモートワークで水の交換や日当たりの良い場所への移動もこなせるので、ちょっと癖になりそう。なんだかんだで、自分で育てた野菜は愛着も湧いて美味しい。

スポンサーリンク

はじめはタッパーで

衝動的に栽培しようと思い立ったので、最初はその辺りにあったタッパーに入れて栽培していた。しかし、深さが3cmほどの容器だったので、芽が伸びてくるとバランスが悪い。2日ほどタッパーで過ごした後に、ペットボトルを切って容器に仕立てた。

ペットボトルを切って容器に

身近にあったペットボトルの空き容器。適度な部分で切り取って収めてみました。ただし、豆苗の苗?も半分に分離。

でも、高さがあって水もこぼれにくい!持ち運びもこぼれないから安心。水を交換する際も、容器を少し潰しながら傾けることができるので、水を排水しやすい。

なかなか良い容器だったが、2つに分離したため、運ぶのが少し面倒。たぶん100均に行けば、ちょうどよい容器がありそうなんだけどなぁ・・。と思いつつ、これは収穫。

100円均一でちょうどよい容器を入手

もしかしたら、栽培専用の容器すら売っているのかな・・。と思いつつ、目星をつけていた容器のコーナーへ。

これなら、行ける!と確信して購入したのがこの容器。

取っ手付きの砂糖とか小麦粉入れる容器。

これを選んだポイントは次の点

  • 底面のサイズ感
    豆苗の苗床?がすっぽり入りそうなサイズ
  • 芽が伸びても横にタレない高さ
    成長後、周辺の芽が横向きにならない程度のちょうどよい高さ
  • 水切りに便利な口
    水切り時に水が流れる口がついている
  • 持ち運びに便利な取っ手
    日当たりの良い場所への移動の楽ちん
  • 蓋付きでホコリを防ぐ
    夜はフタをして二酸化炭素濃度を上げることも!?

予想通り、サイズもピッタリ。水漏れの心配も皆無、取っ手付きで運びやすい!言うことなし。これは豆苗栽培容器の決定版!おすすめです。

タイトルとURLをコピーしました