スポンサーリンク

味噌チャーシュー麺|ラーメン和 東久留米北口

ラーメン和 味噌チャーシュー麺 ラーメン・麺類の話

東久留米駅北口のラーメン和。かれこれ20年以上になるのかな。昔出来た頃はランチ営業もしていて、マズいチャーハンを食べた記憶がかすかにある。汁無しの油そばも当初から扱っていて、当時としては珍しいメニューだった。

そんな、ラーメン和が好きな私は定期的に通っている。店内はボロボロでもっと片づけて欲しい気もするが、それも含めてラーメン和。歴史を感じる壁の張り紙も今となってはむしろ味がある。

でも、冷水機が入り口側しか無いのは不便。修理するか、卓上に冷水ポットを置いて欲しい。

ラーメンガッツ無き今、深夜帯に営業している貴重なラーメン店だ。この日は金曜日。金曜夜は飲んだあとの締めにと客入りも上々だ。

券売機の前で悩む。とりあえず、和で食べるゾ。という日はノーマルのラーメンを迷い無く押せるのだが、どうも肉が食べたい気分。そんなときはチャーシュー麺にするか、味噌チャーシュー麺にするのか悩んでしまう。

チャーシュー麺は910円、味噌チャーシュー麺は1010円なのだ。そもそもラーメン和の料金体系は高い気がする。ノーマルラーメンこそ610円だが、味噌と塩は100円増し。ココがどうも納得できない。味が変わるだけで、具材はたいした差が無いのだ。また、ノーマルの具材の盛りが控えめ・・・。話題が逸れてしまったが、結局味噌チャーシュー麺、プラス100円で大盛りまで購入してしまった。

味噌チャーシューにニンニクをいれるとうまいんだよ・・・そしてチャーシュー麺だと、どうしても麺が余りがちになってしまうので、大盛りに。

大盛りの場合は、食券を渡す際に麺の固ゆでをオーダーするのが私のお約束。そうしないと、食べ終わるまでに麺がのびのびになってしまうので。

ラーメン和の味噌チャーシュー麺
昔は油多めもオーダーすることがあったけど、これはノーマル。

まずは麺をすする。うん、美味い。この細麺がいいんだよね。そして、スープ。うん、美味い。ちょっと濃いけど、飲んだ後の締めにはちょうど良い塩梅。でも、気をつけないと下の方がもっと濃い場合があるので、かき混ぜた方が良いのだ。

この店のチャーシューは、歯ごたえがあって、かみしめるとでるうま味が肉を食べている感を醸し出す。はっきり言って、これも味は濃いめ。でも、たまーに、ものすごく食べたくなってしまう

和のメンマも好きだ。これまた味がよくしみているのだ。ただ、他の具がいただけない。もやしについては、ノーマルラーメンのそれと同じ。ノリも同じ。醤油ダレが味噌に変わっただけで100円違うのだ。そんなに高い味噌を使っているのか!?コーンかバターが載っていたらすごく嬉しいんだけどなぁ・・・。

少々食べたら、調味料を添加だ。

ラーメン和のニンニク
すりおろしニンニク

まずは卓上のすりおろしニンニクを投入。チャーシューと一緒に食べると美味いんだな。付属のさじで2杯くらいはいってしまう。

ラーメン和の唐辛子
危険な辛さの唐辛子

そして、辛味。これがものすごく辛い。付属のさじですこーしだけ入れる。辛味が食欲をそそる。入れすぎると味が分からなくなるので注意が必要だ。

結構な油が浮いたスープは後半キツくなってくる。なんとか完食。ただ、味の濃いスープを完飲することは困難だ。大満足の一杯だった。

翌日・・・。おろしニンニクはとても残りやすい。嫁にすぐバレる。あと、辛味のせいか、油のせいか、下痢に襲われる。でも、また食べに行ってしまうんだろうな・・・。


タイトルとURLをコピーしました