スポンサーリンク

日清ラ王、豚ラ王 vs マルちゃん正麺、がっつり系豚骨醤油

ラーメン・麺類の話

衝撃的な麺の太さ、そして旨さの日清ラ王、豚ラ王。ニンニクの効いたスープとカプ麺らしからぬ麺が特徴のマルちゃん正麺、がっつり系豚骨醤油。並べて売られている事も多い、この2者ですが、正直、ラ王の完全勝利。って別に勝負挑んでないって!?まぁそうなんですけど。対決(比較)してみました。

スポンサーリンク

内容物対決

小袋の数は両者とも同じく4つ。ラ王はかやくとチャーシューが先入れ。正麺はかやく2種類が先入れ。ラ王はスープとアブラ(お好みで)が後入れ。正麺は粉末と液体のスープが後入れだ。

正麺のかやくもこだわりを感じるが、ラ王のキャベツや厚めのチャーシューの方がより高次元である。

作り方対決

どちらも湯量や待ち時間、小袋の数は変わらないのだが、ラ王の特徴として、アブラ増し袋は蓋の上で温めてはいけない!という部分がある。どうせスープに混ぜたらアブラも溶けるだろうし、同じなのではと思うが、そこは何かが違うのだろう。ここでもラ王のこだわりを感じる。

原材料対決

成分の中で注目すべきは、ニンニクだ。正麺はパッケージ表紙にも書いてあるがニンニク「風味」と書いてあった、これ実際に食べてみるとわかるのだが、正麺のニンニクはチューブにんにくにもあるような特有の癖がある風味。自分はあまり好みではない。

麺の量はラ王が80g、正麺が75gである。重さもラ王の勝ちではあるが、その太さときたら、ほんと衝撃的でした。

出来上がり対決

出来上がり直後のスープ投入前の写真を比較すると、チャーシューの存在感が際立つラ王、ヤサイの彩りがきれいな正麺といった感じか。

スープを投入すると、どちらも色づいて、ようやくラーメンの完成だ。

ラ王がアップの写真になっているが、チャーシューのアドバンテージは大きい。正麺の方は素ラーメンで寂しい雰囲気だ。

さらに、ラ王にはアブラ増し袋からアブラを追加できるのだ。

豚ラ王にアブラ増し袋からアブラを出したところ

このアブラのおかげもあるのか、スープの味も麺も、ラ王の勝ち!

Amazonでみる。日清 豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク 139g
タイトルとURLをコピーしました