スポンサーリンク

自家製にこだわり抜いた担々麺「京紫灯花繚乱」監修|海老豚骨つけ麺春樹

担々麺 京紫灯花繚乱 監修 ラーメン・麺類の話

店頭のポスターが気になった。自家製にこだわり抜いた担々麺だって。でも、「京紫灯花繚乱」監修とある。なんと読むのかも分からないし、知らない店だったんだけど、まぁ、写真が美味しそうだったので、この担々麺を目当てに入店。

京紫灯花繚乱監修の担々麺ポスター

店頭でポスターまで貼ってあるので、券売機でもアピールしているのかと思いきや、担々麺がどこにあるのか分からない!せっかくの大画面液晶券売機なのに、キャンペーン商品をアピールしていないって・・・。

やっと見つけて食券購入!850円。特に麺の好みなどは聞かれなかった。

ポスターと同じようなビジュアルではある。ナッツ?クルミ?が乗っているのが特徴的。スープはやけにドロッっとしている。

担々麺 京紫灯花繚乱 監修

このお店、ライス無料なので、麺を食べ終えての追い飯の心配が不要。追い飯おかわりも可能だ。

但し、セルフサービスなので衛生面が気になる・・・。が、お腹いっぱい食べたいのなら選択肢としてはおすすめのお店だ。

卓上に調味料があるので、ニンニク、ラー油、ごまをかけても美味しいと思う。

とりあえず、食べてみよう。・・・予想を裏切る旨さ。

正直、春樹だし、あまり期待はしていなかったのだが、よくわからない監修が効いているのか、これは美味いぞ。

時折、大きめの粒の山椒が入っていて、風味が良い。辛みはなく、濃厚なスープと粉っぽい細麺がよく絡んで美味しい。クルミ?は余計な気もするが、食感のアクセントになっている。

ご飯に担々麺のスープ

麺を食べ終えたところで、お楽しみのご飯タイム!ラーメンのどんぶりへご飯を投入するのではなく、レンゲでスープを具ごとすくって、ご飯にかけて食べる。

うん、挽肉と濃厚スープで食べるご飯も最高だ。でも、クルミ?が余計・・・。ここだけは残念。

ご飯を食べ終えてもなおスープが余っていたので、ご飯おかわり。

今度はラーメンどんぶりにご飯をin!

担々麺に追い飯

コレもうまい。でもお腹が一杯で、最後はちょっとだけ嫌になった。

850円で追い飯2杯(それ以上)が食べられるのならコスパも良い。近所に担々麺専門店がオープンするので、その店との比較も楽しみ。

【ラーメン和の跡地】たんたんめんkai 3月5日(木)オープン!東久留米
ラーメン和が閉店して3ヶ月ほど。その跡地にいよいよラーメン店がオープン!本当は、2月27日予定とあったけど、延期した模様。オープン日は3月5日の木曜日とのこと。楽しみだな。食べた感想はこちらです。...(続きを読む)
スポンサーリンク

ちなみに、 京紫灯花繚乱 って?

監修先の店が気になったのでネットで調べてみると、「京紫灯花繚乱」(きょうむらさきとうかりょうらん)は、四谷にあるラーメン店で担々麺が有名らしい。

タイトルとURLをコピーしました