スポンサーリンク
スポンサーリンク

やっぱり旨い。とんがらし麺、うま辛海鮮

とんがらし麺 ラーメン・麺類の話

ふと見ると、とんがらし麺が100円。なんか安いなと思って購入。

スポンサーリンク

安定感あるパッケージ

カップ麺のデザインの中で一番好きかも。とんがらし麺って、高級感?っていうかカップ麺にありがちなジャンク感が薄い気がする。辛さ調節パウダーは、どうせ調節しないから、はじめから全部入っていてもいいんだけど・・・。950スコビルってどんなレベルなんだろう・・・。

スコビルって!?

スコビルってなんだろうと思って調べたら、辛さの単位の一つらしい。950って、それほど辛そうではないけど・・・。調べていたら「SBカプマックス」という名前の興味深い唐辛子が。

SBカプマックス(エスビーカプマックス)は、トウガラシ属植物野菜で、シネンセ種 (Capsicum chinense) の一品種である。1989年金子良次によって開発された品種で、2004年11月8日にはエスビー食品から農林水産省に20年の有効期限で品種登録されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/SB%E3%82%AB%E3%83%97%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

これ、可愛そうなことにこんなエピソードが。

辛味が非常に強く、トウガラシの辛さを量る単位スコヴィル値は656,000程度で、シネンセ種のハバネロの2~6倍、ハバネロから選抜改良されたレッドサビナ種のものと比べても最大で2倍近くの辛さを持つ。2006年12月には世界一辛いトウガラシとしてギネス・ワールド・レコーズに認定されたが、3ヶ月後の2007年2月にはSBカプマックスの2倍近いスコヴィル値を持つインドバングラデシュ原産の「ブート・ジョロキア」(シネンセ種)が認定され、その座は奪われている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/SB%E3%82%AB%E3%83%97%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

なんか可愛そう。 世界一を名乗れた期間がたったの3ヶ月だなんて。確かに、激辛を扱うテレビ番組でも、ハバネロとかジョロキアは聞いたことがあるけど、「SBカプマックス」は聞いたことがないのはこのせいなのか。

見た目も旨い

パッケージもいいんだけど、実際の中身の見た目も好き。

ちょっと不自然なくらいに赤いんだけど、この見た目が辛さを連想させる、でも程よい辛さで旨い。

実際、食べてみても安定の旨さ!とんがらし麺最高。

タイトルとURLをコピーしました